女性のためのがん保険の選び方

アフラック 生きるためのがん保険Days1レディースプラン

HOME
お気に入りに追加

アフラック「生きるためのがん保険Daysレディースプラン」-一番売れているがん保険の女性版

更新日:

アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプラン

 アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプランは、一番売れているアフラックのがん保険に女性がん特約がついたプランです。

 がん診断確定すればもらえる一時金は当然のこと、そのほか、入院・通院給付金、手術給付金、放射線治療給付金、抗がん剤・ホルモン剤治療特約、がん先進医療に、女性がん特約がついた、幅広い補償があるがん保険です。

 女性がん特約は、女性特定ケア給付金20万円(子宮がん、乳がんのサポート)、女性特定ケア給付金50万円がついたもので、乳がん、子宮がんをケアする内容です。

 女性のがんをフルサポートする保険で、がんの治療に幅広く対応するので、安心感がある保険です。

 なお、生きるためのがん保険Days1スタンダードプランを選ぶなら、保険料があまり変わらないので、こちらの方がお得です。

  1. 生きるためのがん保険Days1レディースプランはフルサポートな補償が魅力
  2. 年齢別の月額保険料
  3. 生きるためのがん保険Days1のメリットとデメリット
  4. 契約可能年齢、クレジットカード払いなど

アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプランはフルサポートな補償が魅力

 アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプランは、がん保険シェアNO.1のアフラックの生きるためのがん保険Days1に、女性向けの特約をつけたプランです。

 一番売れているがん保険だけに、がんに関する幅広い治療に対応。

 がんと診断されれば、診断一時金50万円が、入院、通院すれば1日1万円の給付金、手術、放射線治療すれば1回につき20万円、抗がん剤治療を受ければ月10万円、がんが再発した場合に、診断給付金複数回支払特約で50万円が支払われます。

 陽子線治療などの先進医療にも対応、保険料払込免除特約があるので、がんと診断されるなど免除事由に該当すれば保険料の支払いは免除されます。

 さらに、女性がん特約で、乳がん、子宮がんの補償もあり、フルサポートな補償が魅力です。

 抗がん剤治療給付金が毎月10万円出るので、治療中の働けない期間に収入が減った場合のサポートとしての機能もあります。

 がん治療時に、安心感のある補償内容です。

スポンサード リンク

アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプランの年齢別の月額保険料

20歳 25歳 30歳 35歳
2,596円 3,026円 3,558円 4,398円
40歳 45歳 50歳 55歳
5,430円 6,333円 7,111円 7,904円

アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプランのメリットとデメリット

 アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプランのメリットは、フルサポートな保障を受けることができることです。

 診断確定時にもらえる一時金はもちろん、入院、通院、手術、放射線治療、抗がん剤治療、先進医療など、がんの治療を行えば、そのほとんどに保障があります。

 さらに、レディースプランなので、女性がん特約がつくので、「がん」の治療を目的とする乳房観血切除術、子宮全摘出術、卵巣全摘出術を受けたとき、乳房再建手術を受けたときにも、保障が受けられます。

 治療に応じて、しっかりと補償が受けられるのが、アフラックの生きるためのがん保険Days1レディースプランのメリットです。

 デメリットは、保険料が高いことです。

 当然ですが、保障が高いので、その分、保険料が高くなります。40歳を超えると、5000円を超えてくるので、加入するのであれば、早めに入りたいところです。

 2番目がリニューアルして、一時金の額が減ったことです。以前は、初回の一時金が100万円だったのですが、現在は、初回一時金50万円になり、再発に対応するものとして、診断給付金複数回支払特約で2年に一度50万円が支払われるようになりました。
 再発に対応するようになったのですが、その分、初回の一時金の額が減っています。

 保障の幅広さを取るならという保険です。


契約可能年齢、クレジットカード払いなど

保険期間 終身
契約可能年齢 15~70歳
保険料払込期間 終身、60歳半額、60歳払い済み
上皮内新生物 診断給付金5万円
払込免除制度 あり
支払方法 口座振替、クレジットカード払い

スポンサード リンク