女性のためのがん保険の選び方

がん保険 先進治療

HOME
お気に入りに追加

がん保険で先進医療への対応が必須の理由

 先進医療は最先端の医療技術のこと。一般の保険診療で認められている医療水準を超えた医療技術の中で、厚生労働大臣がその種類・医療機関を承認しているものを言います。(厚生労働省の先進医療の概要)
 これら、先進医療ががん治療で注目される理由は、たとえば、限局性固形がんに対して行われる粒子線治療などは、体を切らずに手術ができるため「身体への負担が少ない」「術後の回復が早い」などのメリットがあると言われています。
 とてもいい治療なのですが、問題は健康保険外であり、とても費用が高いこと、がん保険などに入っていないと選択することができないことです。技術料の目安としては、悪性腫瘍に対する陽子線治療で約275万円、重粒子線治療で約300万円です。(参考:H22.1.14厚生労働省 第45回 先進医療専門家会議資料)


先進医療に対応するがん保険なら数百円程度の負担で対応可能

 先進医療の経済的負担を解消するのががん保険です。特約を付加することで対応する保険もありますが、たいてい毎月の保険料に数百円程度を付加するだけで先進医療に対応ができます。アフラックのように基本プランで対応するものもあります。最新の医療技術を治療の選択肢にするためにもがん保険の先進医療の対応は必須です。  


スポンサード リンク