女性のためのがん保険の選び方

東京海上日動あんしん生命 がん治療支援保険NEO

HOME
お気に入りに追加

診断給付金が何度でも受け取れ、再発にも安心感のあるがん保険

がん治療支援保険NEO  あんしん生命の「がん治療支援保険NEO」は、がん治療のすべてをほぼパーフェクトにサポートする保険です。
 がん保険の基本といえる診断給付金、入院給付金、手術給付金はしっかり、最近のがん治療に合った通院給付金に対する補償にも対応しています。
 注目したいのが、診断給付金が何度でも受けられるところ。診断給付金は50万円と100万円が選べるのですが、2年に一度ですが、回数に制限なく何度でも受け取れます。再発・転移もがんにはあります。何度でも受け取れる点はこの保険の大きなメリットです。

→がん治療支援保険NEOの資料請求はこちら
※年齢、性別にあわせた保険シュミレーションもできます。

充実プランならさらに厚いサポートに

 基本セットプランでも再発にも対応したがん保険なのですが、充実プランにすると、がんに対する補償はさらに厚くなります。内容は、「先進医療給付金」「治療給付金(抗がん剤治療)」です。
 「先進医療給付金」は、重粒子線治療などの先進医療に関わる技術料を通算1000万円まで保障するもの。治癒率のアップのほか、術後の回復力のアップのためにも先進医療は有効。健康保険外のものなので、こういう保障は必要です。
 「治療給付金」は、抗がん剤治療に対応するもの。手術が終わった後も、がんの再発を防ぐため抗がん剤治療を継続して続けるケースは多いので、これも大事な保障です。
 充実プランにすると、当然他の保険と比べて確かに割高なります。ただ、ここまで入れば、ほぼすべてのがん治療に対応できるのも事実。
 がん治療への安心感を求めたい人には、この保険がいいかと思われます。


基本プランでの月額保険料例(診断給付金100万円、終身)

25歳 30歳 35歳 40歳
2,580円 2,975円 3,387円 3,828円

充実プランでの月額保険料例(診断給付金100万円、終身)

25歳 30歳 35歳 40歳
2,994円 3,622円 4,520円 5,476円

あんしん生命のがん治療支援保険NEOの特徴

診断給付金が何度でも出るので、再発・転移などにも安心
2年に1回を限度に回数無制限
通院治療の際にも入院給付金と同額の通院給付金が出る
日数の違いはありますが、通院の場合の補償も入院と同額です。
上皮内がんなど初期のがんでも給付金が減額することがない
初期のがんでも、同額の保険料が支払われます。
保険料払込免除あり
がん(悪性新生物)と診断確定されたとき、将来の保険料を支払う必要はありません。
クレジットカード払いが可能
カード払いができるので、ポイント分、保険料が安くなります。

無料資料請求はこちらから
↓↓↓


※保険シュミレーション、詳しい補償内容の確認も